勤務医の歯科医師が転職のために求人を探す理由

###Site Name###

歯科系大学時代に求人を探して晴れて勤務医として働いてみたものの現実と理想のギャップに転職しようかと歯科医師の求人サイトに会員登録した人も多いと考えられます。
せっかく医科系大学を卒業してこれから歯科医師としてスタートという時にどうしてこのようなことになってしまったのでしょうか。



その理由としてよくあるのが、そもそもよく名の知れている先生がいる歯科医院に勤務することになったのは喜ばしいことなのだけれども、毎日写真を撮影したり、スライドを作成したりするなどの雑用ばかりで実際に患者を診させてもらえる機会が全くないので全然経験値が積めないという現実です。


実際に患者を診て経験をどんどん積まないとキャリアプランが予定と狂ってきます。
このためこの職場でいいのだろうかと不安になるのだと思われます。



短時間でどんどん数をこなさなければいけないという声も聞きますのでそのために技術が全く上達しないという理由もあるのでしょう。

たとえ治療を経験させてもらえたとしても保険診療ばかりでレベルの高い治療をやらせてもらえないケースもあるようです。

また院長自身が多忙で全く教えてもらえないという状況が続き、焦ってくる人もいるようです。

とにかく一日に数をこなさなくてはいけない状況だと共通して肉体的にも精神的にも疲労が蓄積してきて自分の歯科医師としての技術向上に集中できなくなってしまうようです。

そのためにもっと環境が良いところを目指して再度求人を探す人が増えているようです。



歯科医院の方でも若い人の育成にもっと目を向けていくべきではないでしょうか。